ネット掲示板 > ボーカロイド掲示板 > 記事閲覧
  ボカロ歌詞
日時: 2018/02/10 16:47
名前: 華茄汰

歌詞書いてくおー!

荒し無し!

RSS2.0メンテ


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

Re: ボカロ歌詞 ( No.50 )
日時: 2018/08/28 22:14
名前: 華茄汰

夜咄ディセイブ

“嘘をつくのは得意なんだ”
“でも、本音は少し苦手でさ”
“可笑しいね、いつだって”
“本当の咄が、一番嘘臭いんだよ”

ビバップな浮遊感 夜が次第に乱反射して
ツービートで光って たまには愚痴っちゃって良いかな
「ねえ、ちょっと話そうか。馬鹿な自傷症性なんだけど、
もうなんか収まらない。ネタ話だって体で一つどう?」

「じゃあ、ちょっと喋ろうか。僕の非凡でいて妙なとこ
平凡を装った 僕がずっと悩んでいる事」
「十年は経ちそうなある日『怪物』の声がして
心臓を飲み込んだ 『嘘をつき続けろ』ってさ」

「それ以来、僕は嘘つきで
騙せない人や物も無くなって
『怪物』に成り果てちゃってさ
…あぁ、ごめんね!泣かないで!全部法螺話だよ?」

「オーマイダーティ!なんて醜態!」 僕は誤摩化す
なんて言ったって この本心は不気味じゃない?
偽って、そっぽ向いて、嘘を重ねて 
僕は今日もまた 徒然、嘲笑う

ビバップ、消えそうな 夜が嫌いそうな少女にも
ツービート、泣きそうな 嘘が嫌いな青少年にも
そう、もう同じ様に ちゃちな「理想」がインプットして
心臓を飲み込んだ それ以来気付いたんだ、僕らは

「単純に理想叶ったとして、
一人ぼっちじゃこの世は生きていけない」
「それも嘘?」 「いやいや、本心だよ?」
崩れそうな脳が『NO』で満ち満ちていく

「オーマイダーティ!もっと聴いて!」
僕の心を 我が儘を この嘘を 本物を
「寂しいよ」なんて言った 僕は変わらない
ニヤけそうな程、常々呆れてる

「オーマイダーティ!もう嫌いだ!」 ほら、聴かせてよ
呆れちゃう様な 僕なんて もう救えない?
『問題ないぜ』なんて言って 君は変わらない
「あぁ、ミスっちゃった」 また不気味な僕に、常々溺れていく


“あぁ、ちょっと喋り過ぎちゃったね”
“まぁ、ただの『法螺話』だからさ”
“それじゃあ今日はこの辺で”
“次に合図が鳴った時は”
“もっと不思議な咄をするよ”
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.51 )
日時: 2018/08/28 22:19
名前: 華茄汰

ハウトゥー世界征服

泣きべそばっかかいてんのはどちら様 笑われた分だけやり返せ
今に見てろと 手に取った物は 爆弾やナイフなんて物じゃないけど
一切合切今後どうなったって約束しよう 背中の値札を引き剥がせ
廃材みたいな 毎日だけど 捨てるのはまだ早いだろ

今日も打ち震えながら 終点駅のホームで
明日の僕がまだ待っている わがままで鈍間(のろま)な主のお迎えを

どうせ幾年経って車が空飛べど きっと何年経って機械が喋れども
何だって言いたいんだ 便利って言う前に 心の傷口を治してくれ
あんな空でミサイルが飛ぶのなら そんなもので幸せを乞うのなら
優しい人にならなくちゃ 僕は僕を肯定していけるかな

頭を上げて前向けと言われても 暗闇じゃ前もクソもないな
一人で居れど 二人で居れど 孤独は孤独に変わりゃしねえ

死にたいとか そんな歌を歌って またそれかと杭を打たれた
だけれども それ程の事しか 口から溢(こぼ)れる言葉がどうしても見つからないや

今日の僕はまたこうして ゲーセンに吸い込まれる
明日が来なければいいのにな 最終列車の汽笛が煩(うるさ)く鳴り響く

どうせ愛なんてって薄幸ぶって強がっても きっと本心じゃ疚(やま)しさに襲われて
どうだい、現状の僕は そうかい、どうしようもないな うるさいなお前なんて大嫌いだ
あんな空でミサイルが飛ぶのなら そんなもので命が飛ぶのなら
優しい人にならなくちゃ 僕は僕を肯定していたい
優しい人にならなくちゃ 心が悴(かじか)む前に
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.52 )
日時: 2018/09/13 21:43
名前: 華茄汰

ペテン師が笑う頃に

愛されていたのは 君じゃなくて 僕自身さ
声の聞こえる方へ ひざまずいて 空を拝む

紅錆びた色

死にたがりのピエロは 化粧もせずマヌケ面
夜更かしも程々に 朝が来るよ逃げなくちゃ何処へ

騙され上手は床上手 他人の不幸は蜜の味
アバズレ貴婦人まる裸 渡る世間はバカばかり

ペテン師が笑う頃に 安い不幸自慢でお涙ちょーだい
ペテン師が笑う頃に わめくキチガイ善人ピュアな人害
都会に咲く花のように なんて気付かなければ無意味な存在
明後日の今頃には その醜い身体を忘れてしまいたいの


ブラウン管越しの死体に 興味ないのリアルじゃない
そんなに怖いのなら 念仏でも唱えなさい南無阿弥陀仏

幸せを運ぶ青い鳥 羽がもげればただのゴミ
騙されるアホに騙すアホ 同じアホなら笑いましょ

ペテン師が笑う頃に 薄っぺらいプライド語ってちょーだい
ペテン師が笑う頃に がなる自称教祖様酷い醜態
ありきたりなラブソング なんて退屈過ぎて聴きたくないわ
愛のカタチ捜すよりも 先にするべきこと何なのか知ってるでしょ

夢から醒めた羊たちは 眠ることもできず廻る廻る
何時まで何処まで 迷子ならさぁおいで
もっと愛せ強くしゃぶれ骨の髄まで

ペテン師が笑う頃に 安い不幸自慢でお涙ちょーだい
ペテン師が笑う頃に わめくキチガイ善人ピュアな人害
都会に咲く花のように なんて五分もすれば忘れる存在
明後日の今頃には その醜い身体を忘れてしまいたい

敬意ある君にこの言葉贈るわ   死ね。
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.53 )
日時: 2018/09/18 13:50
名前: 匿名


才能シュレッダー

ありふれたメロディー 
面白みのないありがちなリリック
アイデンティティ欠乏症

摩り減らすモチベーションに
飼い慣らされていく僕のフラストレーション
怒鳴り散らすエモーション

搾り出そうとすればするほど行き詰まって
積み上げるほど崩れてゆくフィクション
ダムをブチ壊すのは洪水だけじゃないって事を
教えてやれ

創造制限アクティベーション
生まれ持つセンスと
劣等感のバランスを取り持つ才能がない
反動態ディスコミニュケーション
捻くれたイデアが理由なく暴れる前に
新時代想像ディスペンセーション

繰り返すメモリー
危うさを孕んだ荒削りのアイロニー
セレンディピティ感染症

苛立ちのアクセラレーション
未だ消せずにいる君のイラストレーション 
本能のエジュケーション

忘れ去ろうとすればするほど思い出して
無意識に鳴る幻聴のバイブレーション
過去を売り渡すにはどんな広告を書けばいい
教えてくれ

瞬間同調アイソレーション
愛をねだるだけで
まともに人を愛する才能がない
もう一回キスコミニュケーション
未練がましさだけ節操なく吐き出す度に
蜃気楼バイバイマスターベーション

窓辺には今日もスランプ
空から響くディストーション
僕を踏みつけてるブーツは
さぞや立派なモンなんだろうね

連鎖するシンパシー
もはや意味の無い記号だけの数字に
シンギュラリティ失踪症

審美的コンプリヘンション
手を伸ばす世界へ感性をリバレーション
夢に見たオベーション

辿り着こうとすればするほど遠ざかって
波紋の度に無条件的サーキュレーション
I know. 趨勢の決着は今こそ
磨ぎ続けてきた両の手で
八つ裂くのさ

反動形成リプロベーション
錆びた誇りの牙 喉元に突き立てたら一気に
新奇前線 食い千切れ
退廃的マスコミニュケーション
悪戯に鋭いこの一刀が毀れる前に
一世一代のセンセーション

完全体マイイマジネーション
僕を為す言葉で
一切合切シュレッダーにかけたら問題なんかない
最高峰的デスティネーション
目指し続けてきた高みへと今僕は行く
新時代感情ディストリビューション



ニコニコ動画ポップアップ再生
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.54 )
日時: 2018/09/19 18:10
名前: 華茄汰

ロミオとシンデレラ

私の恋を悲劇のジュリエットにしないで
ここから連れ出して…

そんな気分よ

パパとママにおやすみなさい
せいぜい いい夢をみなさい
大人はもう寝る時間よ

咽返(むせかえ)る魅惑のキャラメル
恥じらいの素足をからめる
今夜はどこまでいけるの?

噛みつかないで 優しくして
苦いものはまだ嫌いなの
ママの作るお菓子ばかり食べたせいね

知らないことがあるのならば
知りたいと思う普通でしょ?
全部見せてよ
あなたにならば見せてあげる私の…

ずっと恋しくてシンデレラ
制服だけで駆けていくわ
魔法よ時間を止めてよ
悪い人に 邪魔されちゃうわ

逃げ出したいのジュリエット
でもその名前で呼ばないで
そうよね 結ばれなくちゃね
そうじゃないと楽しくないわ

ねぇ私と生きてくれる?

背伸びをした長いマスカラ
いい子になるよきっと明日から
今だけ私を許して

黒いレースの境界線
守る人は今日はいません
越えたらどこまでいけるの?

噛みつくほどに 痛いほどに
好きになってたのは私でしょ
パパはでもねあなたのこと嫌いみたい

私のためと差し出す手に
握ってるそれは首輪でしょ
連れ出してよ 私のロミオ
叱られるほど遠くへ

鐘が鳴り響くシンデレラ
ガラスの靴は置いていくわ
だからね 早く見つけてね
悪い夢に 焦らされちゃうわ

きっとあの子もそうだった
落としたなんて嘘をついた
そうよね 私も同じよ
だってもっと愛されたいわ

ほら 私はここにいるよ

私の心そっと覗いてみませんか
欲しいものだけあふれかえっていませんか
まだ別腹よもっともっとぎゅっと詰め込んで
いっそあなたの居場所までも埋めてしまおうか

でもそれじゃ意味ないの

大きな箱より 小さな箱に幸せはあるらしい
どうしよこのままじゃ私は
あなたに嫌われちゃうわ

でも私より欲張りなパパとママは今日も変わらず
そうよね 素直でいいのね
落としたのは金の斧でした

嘘つきすぎたシンデレラ
オオカミに食べられたらしい
どうしようこのままじゃ私も
いつかは食べられちゃうわ

その前に助けに来てね
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.55 )
日時: 2018/09/19 18:17
名前: 華茄汰

虎視眈々

不安除くyour voice 甘くとろけたノイズ
脳内暗示 like a sweet candy
偉大な愛の暴動 計画なき犯行
生命の猛威 gimme your candy

二人きりだけの世界
what do you wanna do? 重なるlive
キミの息 侵され we can FLY ah…
受け入れて完全なCRIME
there's no lies 裸の愛

魅惑 1,2,3, キミを単純に
奪い去ってしまう衝動 理性との共謀
CAN YOU FEEL もっと感情に
強く触って壊して 乱 RUN 乱
キミと1,2,3, ずっとeyes on me
speed up 止まらない鼓動 キセキとの共存
CLOSE to me もっと深くに堕ちてdown…

健全な存在証明 必要なんてないno way
欲しがっちゃう意味 I MY ME 甘い甘いCANDY
震え止まんない症状 禁断のアレ そう more
全身の歓喜 let's start! you and me

迸る視線のバイブ 鳴り響く野望のチャイム
キミに触れ その瞬間 over drive
「いらない全てはいらない」なんて言わないで
you could be mine

誘惑 1,2,3, キミが最高に
連れ去ってしまう頂上 飛び越えた想像
ride on me さぁ you're going to be
共に果ててしまうまで down…

向かう先はall the night
手にするタイム so甘い
きらびやかな日々
意味 ギミー そのcandy
震える生命 and daybreak
we stay 永遠 game

手に触れたその瞬間 気付いて
交わる心おもい 始まる in your way
繰り返し目を合わせた先で
弾け飛ぶ世界は in my way
キミを手に入れる そう it's time
中指を立てたこの合図

魅惑 1,2,3, キミを単純に
奪い去ってしまう衝動 理性との共謀
CAN YOU FEEL もっと感情に
強く触って壊して 乱 RUN 乱
キミと1,2,3, ずっとeyes on me
speed up 止まらない鼓動 キセキとの共存
CLOSE to me もっと深くに堕ちてdown…
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.56 )
日時: 2018/10/03 22:30
名前: 華茄汰

echo

THE CLOCK STOPPED TICKING FOREVER AGO
HOW LONG HAVE I BEEN UP? IDK :-(
I CAN'T GET A GRIP, BUT I CAN'T LET GO
THERE WASN'T ANYTHING TO HOLD ON TO, THO

WHY CAN'T I SEE??? WHY CAN'T I SEE???
ALL THE COLORS THAT YOU SEE??
PLEASE CAN I BE PLEASE CAN I BE
COLORFUL AND...free?

WHAT THE HELL'S GOING ON?! CAN SOMEONE TELL ME PLEASE--
WHY I'M SWITCHING FASTER THAN THE CHANNELS ON TV
I'M black THEN I'M white NO!!! SOMETHING ISN'T RIGHT!!
MY ENEMY'S INVISIBLE, I DON'T KNOW HOW TO FIGHT
THE TREMBLING FEAR IS MORE THAN I CAN TAKE
WHEN I'M UP AGAINST THE ECHO IN THE MIRROR
ECHO

i'm gonna burn my house down into an ugly black
i'm gonna run away now and never look back
i'm gonna burn my house down into an ugly black
i'm gonna run away now and never look back
i'm gonna burn my house down into an ugly black
i'm gonna run away now and never look back
i'm gonna burn my house down into an ugly black
i'm gonna run away now and never look back
i'm gonna burn my house down and never look back
and never look back

AND NEVER LOOK BACK

WHAT THE HELL'S GOING ON?! CAN SOMEONE TELL ME PLEASE--
WHY I'M SWITCHING FASTER THAN THE CHANNELS ON TV
I'M black THEN I'M white NO!!! SOMETHING ISN'T RIGHT!!
MY ENEMY'S INVISIBLE, I DON'T KNOW HOW TO FIGHT
THE TREMBLING FEAR IS MORE THAN I CAN TAKE
WHEN I'M UP AGAINST THE ECHO IN THE MIRROR

(カタカナにしてみた。)↓

ザァク,ロックストッ,ティッキン,フォゥエヴァアゴゥ
ハゥ,ロンハヴァィビン,ナップ,アィドンノー
アイ,キャン,ゲラ,グリップ,バラィ,キャンレッゴー
ゼァ,ワズンテニ,スィン,トゥーホゥ,ドントゥーゾー

ワィ,キェン,タァィスィー,ワィ,キェン,タァィスィー
オーザ,カーラーズ,ザッツュー,スィー
プリーズ,キェン,ナーィビー,プリーズ,キェン,ナーィビー
カーラ,フォーゥラン,フリー

ワッザ,ヘゥズ,ゴーィン,ゴン,キャン,サゥワン,テゥミィ,プリーズ
ワィアム,スウィッチン,ファスタァ,ザンザ,チャンネゥズ,オンティー,ヴィー
アィン,ブラック,ゼナィン,ホヮイ,ノー,サゥスィン,イズン,ラィ
マィ,エネ,ミズィン,ビズィ,ブゥアィ,ドンノゥ,ハウトゥ,ファイ
ザ,トゥレンブゥーリンフィーァ,ィズ,モァーザーナィキャーンテーィク
ウェーナイ,アッパー,ゲーィンス,デ,エェッッコーインザミゥラァー

エーッコー,オッオッオッオッ,オッオッオッ,オッオッオッオッ
オッッ,オゥ,オゥ,オゥ,オッオッ,オッオッオッ(オッ),オッオッオッオッ


アィン,ゴナ,バマィ,ハゥス,ダァニン,トゥーアー,ナーグリー,ブラーッ
アィン,ゴナ,ラナ,ウェイ,ナゥ,エンネーヴァルッ,バッ
(x4)
アィン,ゴナ,バマィ,ハゥス,ダァニン,エンネーヴァルッ,バッ
エンネーヴァルッ,バッ
エンネーヴァルッ,バッ

ワッザ,ヘゥズ,ゴーィン,ゴン,キャン,サゥワン,テゥミィ,プリーズ
ワィアム,スウィッチン,ファスタァ,ザンザ,チャンネゥズ,オンティー,ヴィー
アィン,ブラック,ゼナィン,ホヮイ,ノー,サゥスィン,イズン,ラィ
マィ,エネ,ミズィン,ビズィ,ブゥアィ,ドンノゥ,ハウトゥ,ファイ

ワッザ,ヘゥズ,ゴーィン,ゴン,キャン,サゥワン,テゥミィ,プリーズ
ワィアム,スウィッチン,ファスタァ,ザンザ,チャンネゥズ,オンティー,ヴィー
アィン,ブラック,ゼナィン,ホヮイ,ノー,サゥスィン,イズン,ラィ
マィ,エネ,ミズィン,ビズィ,ブゥアィ,ドンノゥ,ハウトゥ,ファイ

ザ,トゥレンブゥーリンフィーァ,ィズ,モァーザーナィキャーンテーィク
ウェーナイ,アッパー,ゲーィンス,デ,エェッッコーインザミゥラァー

ザ,トゥレンブゥーリンフィーァ,ィズ,モァーザーナィキャーンテーィク
ウェーナイ,アッパー,ゲーィンス,デ,エェッッコーインザミゥラァー
YouTube 動画ポップアップ再生
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.57 )
日時: 2018/10/03 22:46
名前: 華茄汰

ある日私は お店にきた

ごしゅじんさまと 出会った

その日からは ごしゅじんさまの

家族になった お姉ちゃんといっしょ

ごしゅじんさまは 名前をくれた

ミック というすてきななまえ

男の子見たいという人も

いるけど わたしは好きだった

名前を呼ぶ ごしゅじんさまの

声がとても優しかったから

1年がすぎ ごしゅじんさまは

あまり遊んでくれなかった

わたしがなにか いけないことを

しちゃったのかな…

ひさしぶりに 車にのり

お出かけにつれていってもらえた

だけどそれは わたしたちの

最後のお出かけになった

ついた場所は 知らない部屋

たくさんの犬達がいた

ごしゅじんさまは おじさんと

少し話して どこかに行ってしまった……

〜〜〜〜


お花の首輪の 男の子はが


部屋の入口にすわっていた

この首輪をつけてくれた

ぼくのごしゅじんさまはきっと

むかえにきてくれるんだと

笑顔で言った わたしもそう信じた

しばらくして へやをうつった

犬達の声が減っていた

不安がってる 私の顔を

おねえちゃんが なめてくれた。

晴れたあくる日

おじさんがきて

お花の男の子を撫でた

何度も優しく撫でた

あと

首輪を外して連れていった…

その日のゆうぐれ

焼ける匂い

風に流され とどいた

とてもとてもかなしくて

胸が苦しくなった

会いたいよ あいたーいよ。

ごしゅじんさま どこにいるの?

会いたいよ あーいたいよ。

この想い とどい て よ。…

〜〜〜


光の中 きこえてきた

いのちの音が とてもきれい

いつか消えるのは 知っていた

でもここじゃないと 叫んでいた。



次の日の朝 わたしのとこに

見知らぬ家族が やってきて

今日から君は うちの子だよ

そう言って 抱き上げた

わたしは今 しあわせに暮らしてるよ

でもね でもね

今もまだ 思い出すよ


『ごしゅじんさまを』。

〜〜〜

だって わたしは ミックだから(*˘︶˘*).:*


〜華茄汰〜
みなさん?

動物は責任を持って飼いましょう。

買うではなく飼うです。

コメントでもいっていました

飼っていた動物が殺処分されるなら

自分も殺されるそうかんがえましょう
YouTube 動画ポップアップ再生
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.58 )
日時: 2018/10/11 23:36
名前: 華茄汰

なにもしたくない
うごきたくない
やるきがでない
なまけていたい

なにかやること
あったきがする
やすみじゃなくても
やすめばいいよ

だらだら ぐだぐだ パソコンつけよ
うとうと ねむねむ やっぱりねよう

きりょくがわかない
ずっとやすみたい
じんせいをいけにえに
やすみしょうかん

きょうやるべきこと
こんどでいいよ
ことしのやすみは
さんびゃくろくじゅうごにち

むしゃむしゃ もぐもぐ ねぎおいしいな
らるらる あうあう うたもうたうよ

きょうもおやすみ
あしたもおやすみ
つぎのひおきたら
ぜんぶゆめでした
おしごとでした
ちこくでした


ニコニコ動画ポップアップ再生
   メンテ
Re: ボカロ歌詞 ( No.59 )
日時: 2018/10/11 23:41
名前: 華茄汰

チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!



どんな小さな罪も 見逃さないように
ソッと息を潜めて ジッと辺り見渡すの
尻尾出したらもう最後 チクリアイ教室

そうよ、絶対に本心は隠しきる。蹴落とすの。
わたしひとりだけ生き残るため!

さァ!さァ!密告だ!先生に言ってやろ!
ほらほらこんなに 悪いやつらがひ・ふ・み・よ
さァ!さァ!抹殺だ!悪い子退場だ!
最後のひとりになるまで終わらないわ
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!

ちょっと減ったわ三十名 閉鎖空間教室
緊張が走って ビリビリきちゃうわ

今日も見いつけた!
尻尾出すおばかさん 蹴落とすの
ブラックリストのクラスの皆さん

さァ!さァ!密告だ!先生に言ってやろ!
狂った頭にメスを入れたげる
さァ!さァ!またひとり 消えちゃいました
最後のひとりになるまで終わらないわ
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!

さー、さー、密告だ!先生に言ってやろ!
さー、さー、密告だ!先生に言ってやろ!
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダッダッダ!

わたしひとりだけ生き残るため!

さァ!さァ!密告だ!先生に言ってやろ!
あらまあ もう、いないの?クラスメイトはゼロ名
さァ!さァ!抹殺だ!先生もやってやろ!
最後のひとりになるまで終わらないわ

チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!
チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!

   メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

Like!! like
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 指 youtube動画の貼り方
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存