放射能掲示板
ネット掲示板 > 放射能掲示板 > 記事閲覧
  あとから出てきた事実
日時: 2011/03/24 20:59
名前: 水元

team_nakagawa 東大病院放射線治療チーム
マニュアルでは「水洗いせず」との記載がありますが、厚労省から別の通達で水洗いしてから
測定するように各自治体や測定機関に連絡があったようです。

東大病院放射線治療チーム
team_nakagawa 東大病院放射線治療チーム
ホウレンソウの放射能測定方法について、新しいことがわかりましたのでご報告します。
これまで検出されたホウレンソウの放射能量は、ホウレンソウを一旦水洗いしてから
測定をおこなった結果である、とのことです。

RSS2.0メンテ


Page: 1 | 2 |

Re: あとから出てきた事実 ( No.3 )
日時: 2011/03/25 15:08
名前: 二世

【東電謝罪、「2号機圧力低下」発表は単位換算ミス】

 東京電力は17日未明、福島第一原発2号機の原子炉格納容器や圧力容器の内部圧力が著しく低下したとする計測値を16日午後に公表したが、圧力単位の換算ミスなどによる誤りだったことを明らかにした。


 問題のデータは、原子炉内の圧力がほぼ大気圧程度に下がる異常なデータを示しており、圧力容器や格納容器が密閉性を失うという最悪の想定も指摘されていた。

 東電は16日午後4時から行った記者会見で、格納容器の圧力は同日午前9時20分に、それまでの220キロ・パスカルから45キロ・パスカルへ大幅に低下したと発表。「気密性が失われた可能性を否定できない」との見解を示した。

 しかし、17日午前0時からの会見では45キロ・パスカルは450キロ・パスカルだったと訂正。「現場で圧力計を見た作業員が、桁数を間違えたようだ。現場とのやり取りに問題があり、申し訳ない」と謝罪した。

(2011年3月17日01時19分 読売新聞)

   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.4 )
日時: 2011/03/25 15:03
名前: 二世

【福島第一原発と本店の専用線、誤って切断】

 東京電力が16日夕、福島県富岡町で送電線工事の際、福島第一原子力発電所と本店などを結ぶ社内の専用通信回線を誤って切断していたことが分かった。


 専用線は17日未明には復旧したが、福島第一発電所で4基の原子炉が危機的な状況に陥る中、通信が不便な状態が8時間以上続いた。

 通話やデータ通信に使う専用線が切断されたのは16日午後4時頃。送電線の支柱の補修工事をしている際、送電線を切断する作業で通信回線も切ってしまった。地震直後に通常の電話回線は不通になっており、通信手段は、非常用の衛星経由の携帯電話だけになってしまった。

 衛星携帯は、屋外に出て使用する必要があることから、17日午前0時40分頃に復旧するまで、同原発側から連絡を入れることはできても、本店側から呼び出すことができなくなってしまったという。放射能測定値や原子炉圧力などの重要データも、電子情報として送信することができず、口頭で伝える形を強いられた。

(2011年3月17日10時21分 読売新聞)

   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.5 )
日時: 2011/03/25 15:05
名前: 二世

【放水車引き渡し受けるも「やっぱり警察で操作して」と要請】

 放射性物質放出の恐れがある東京電力福島第一原発3号機の使用済み燃料貯蔵プールを冷却するため、陸上自衛隊のヘリコプター2機が17日午前9時48分から計4回、上空から3号機に向け、水を投下した。17日午後には自衛隊と警視庁も地上から放水を始める方向で準備を進めており、原発の外からの冷却作業が本格化する。 

 ヘリ4機は17日朝、仙台市の陸自霞目駐屯地から出発。UH60ヘリ1機が上空から原発周辺の放射線量を調査した結果、1機あたり計40分間まで作業が可能だとして、CH47ヘリ1機が投下を指揮し、同2機が午前9時48分から午前10時まで、バケツ(容量7.5トン)でくみ上げた海水を交互に投下した。

 北沢俊美防衛相は投下を受け17日午前11時半ごろから記者会見し、「今日は限度だという判断で決心した」と、このまま3号機を放置するのは難しい段階にあったとの認識を示し、「3号機に間違いなく水はかかっている。成功を期待している」と述べた。今後、地上からの放水の効果などを見て、必要に応じて上空から追加して水を投下することも検討するという。

 折木良一統合幕僚長の説明によると、1回目の投下は「300フィート(約90メートル)より低い高さ」から行ったという。放射線量は1千フィートの高さで毎時4.13ミリシーベルト、300フィートで毎時87.7ミリシーベルトだった。

 ヘリ4機は霞目駐屯地に戻っており、途中、福島県のサッカー練習施設「Jヴィレッジ」に寄って、機体と乗員19人の放射性物質を洗い落とす除染作業を行う。折木統合幕僚長は「今のところ隊員に安全上、問題はない」としている。

 ヘリでの水の投下は、16日に菅直人首相が北沢防衛相に指示。16日夕、霞目駐屯地からヘリが出動したが、周辺上空の放射線量が高さ100フィートで毎時250ミリシーベルトと作業の限界値を超え、長時間現場にとどまることが危険と判断し、投下を見送っていた。

 17日午後には、陸海空3自衛隊が大型消防車11台を同原発に集め、地上からの放水も行う予定だ。警視庁機動隊の高圧放水車も構内に配備され、地上からの放水を準備している。警視庁機動隊は当初は4号機への放水を予定していたが、より厳しい状況である3号機に対象を切り替えた。

 警察庁によると、放水車は15日に警視庁から東京電力に引き渡され、東電側がタンクに海水を取り込むなどしている。容量は4千リットルで、放水可能時間は1分間に限られる。ホースを30度の角度に設定した場合、30メートルの高さに水をあてるには、建物まで50メートルの地点まで近づく必要があるという。警視庁の機動隊員らは近距離にある福島第二原発の建物で打ち合わせをした後、17日午後に地上からの放水に着手する予定。

 警察庁によると、当初、放水車は引き渡しを受けた東電側が操縦する予定だったが、その後、東電側から改めて「警視庁側で操縦してほしい」との要請があったという。


   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.6 )
日時: 2011/03/25 15:07
名前: 二世

【東電、「自衛隊に任せて社員を全員現場から撤退させたい」と要請】

 東京電力福島第1原発の高濃度放射能漏れ・爆発事故で、東電側が14日夜、同原発の職員全員を退去させる方針を政府に打診していたことが分かった。現地での作業継続は困難と判断したとみられ、自衛隊と米軍にその後の対応を委ねる構えだったという。菅直人首相は打診を拒否し、東電側も一部職員を残すことになったが、東電はその時点で高濃度の放射線被ばくが避けられない原子力災害に発展する可能性を認識していたことになる。

 複数の政府関係者によると、東電側が14日夜、「全員退去したい」との意向を枝野幸男官房長官と海江田万里経済産業相にそれぞれ電話で申し入れた。両氏は認めず、首相に報告した。首相は15日午前4時過ぎ、清水正孝・東電社長を官邸に呼び、「撤退はあり得ない。合同で対策本部をつくる」と通告。その後、東京・内幸町の東電本店を訪れ、「東電がつぶれるということではなく、日本がどうなるかという問題だ」と迫ったという。

 政府当局者は14日夜の東電側の打診について「全員を撤退させたいということだった」と明言した。

 一方、東電側も首相への不満がくすぶる。東電によると、同原発では協力会社と合わせ計4000〜5000人が働いているが、現在、現地に残っているのは約300人。発電所の制御や復旧などの作業にあたっている。

 東電関係者によると、15日早朝に首相が東電本店を訪れた際、事故対応に追われる社員が会議室に集まったが、首相は「こんなに大勢が同じ場所にいて危機管理ができるのか」と非難した。東電関係者は「『撤退は許さない』というのは『被ばくして死ぬまでやれ』と言っているようなもの」と漏らした。

 東電幹部の話 (必要最低限の作業員を残し、あとは退去する)部分的な撤退を検討したのは事実だが、全員撤退を検討した事実は絶対にない。

【三沢耕平、小山由宇】

   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.7 )
日時: 2011/03/25 15:57
名前:

hhttp://twtr.jp/user/yuimyun/status
【TEL1】文部科学省内線4604原子力災害対策支援本部 佐藤♀「担当者(堀田・新田)は不在。夜からいたので多分帰宅中。プルトニウムの測定は行っていない。プルトニウムは重いし、塊でしか存在しないから、飛んでくる事は想定していない。」(3/25 13:12-14)#jishin
【TEL2】神奈川県安全防災局危機管理対策室企画情報部 「プルトニウムを測定しているかどうかはわからないが、ここには数値は上がってきていない。茅ヶ崎にある県の衛生研究所で測定を行っているのでそこで聞かないとわからない。」(3/25 13:18-21)#jishin
【TEL3】神奈川県衛生研究所企画情報部 中村♂「プルトニウムは重いから飛んでくる事はまず無い。チェルノブイリでも観測されなかった。プルトニウムの測定はしている。検出されればもちろん公開する。」(3/25 13:23-26)#jishin
【TEL4-1】俺「(1)γ線の測定装置で中性子線のプルトニウムの測定はできないと思うが、プルトニウムの測定ができる装置はあるのか?(2)又ウラン燃料から出たプルトニウムの量と3号機に6千本ある使用済みMOX燃料とは量が違いすぎるのではないか?」(4-2につづく)#jishin
【TEL4-2】(4-1からのつづき)神奈川県衛生研究所企画情報部 中村♂「おっしゃる通り、プルトニウムの測定は行っていない。チェルノブイリの話は過去例として言った。県民を安心させる為に嘘をついた。しかし東京電力に言ってくれ。」(3/25 13:39-44)#jishin
   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.8 )
日時: 2011/03/26 01:05
名前: ///

これまでホウレンソウの放射線を測るとき、実際には出荷するホウレンソウをそのまま測定していました。
ところがこの事件が起こってから、
「ホウレンソウを流水でよく洗ってから測ること」という通達が政府からでて、小さめのデータが出ている
         ~~~~~~~~~~~~~~~
hhttp://takedanet.com/2011/03/29_512f.html
   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.9 )
日時: 2011/03/28 15:57
名前: きい

「東電がアメリカの支援は不要と」…判断遅れ批判[03/18/15:20]
hhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000578-yom-pol

東京電力:15日の4号機火災「消防に通報したが、つながらなかったため、放置していた」
東京電力:15日の4号機火災「鎮火の確認をしていなかった。鎮火したと思い込んでいた」
hhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110316-OYT1T00486.htm


東京電力:「桁を間違えた」 謝罪、2号機の異常データは単位換算ミス[03/17/01:50]
hhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000089-yom-sci

ドライベント(フィルター通さず大気放出)実施日を隠蔽か「実は15日に実施していた」と東京電力会見にて訂正[03/21]
hhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110321/dst11032111150032-n1.htm

命がけの作業員守れ…専門家が造血幹細胞の事前採取訴え 東電「行っていない」
hhttp://news.www.infoseek.co.jp/top/story/20110326_yol_oyt1t00264/

高い放射線を検出も作業員に周知せず 東電「今回の被ばくは防げた」と認め謝罪 [03/26 13:29]
hhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2011032600173

濃度1000万倍は誤り 東電「別の放射性物質と取り違えた」[11/03/27]
hhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032721230068-n1.htm
   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.10 )
日時: 2011/04/11 15:32
名前: てとら

東電「放射能が漏れることは絶対にありませんので安全安全。」



東電「放射性物質が相当量漏れてる」
hhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110411-OYT1T00546.htm
   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.11 )
日時: 2011/06/09 07:19
名前: ジンバブ

日本原子力技術協会最高顧問、石川迪夫(いしかわみちお)「プルトニウムは 重いので敷地内にしか落ちていない」
池上彰『プルトニウムは重いので飛散しません』
池田信夫「プルトニウムは重いので、空気を伝わって拡散することはありません。」
中村「プルトニウムは重いから飛んでくる事はまず無い。」
枝野官房長官「プルトニウムは重いから飛びづらい」


ぜんぶウソだった
   メンテ
Re: あとから出てきた事実 ( No.12 )
日時: 2012/06/28 19:32
名前: ルシア

メルトダウンはしませんと必死の弁解(けっきょく嘘)
3号機の爆発映像隠蔽
どうやら4号機も隠蔽
探知機スピーディの数値も隠蔽
無意味な収束宣言
ここにきて10シーベルト超えの最大値状態
保管されていた燃料棒がどうなっているのか知るよしもない

これを踏まえると
現状は、今発表されているデータや観測値よりも
”10倍酷い” と思って間違いはない。
   メンテ

Page: 1 | 2 |

Like!! like
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 指 youtube動画の貼り方
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存