放射能掲示板
ネット掲示板 > 放射能掲示板 > 記事閲覧
  燃料棒の除去作業が危険で難しい理由と終末論的なシナリオ
日時: 2013/08/28 08:22
名前: ローラ


福島原発の燃料棒除去は酷く損傷している燃料プール上で試行されます。
このプールは建物の最上階にあり、構造的にも問題を抱えています。

ロッドがどの程度破損しているか全くわからない。
海水での冷却によりプールの壁の腐食はもちろん、燃料棒やラックを引き起こしている。
建物は沈んでいる。
正常に燃料を持ち上げるクレーンは破壊されている。
コンピューター誘導除去が出来ない。全ては手作業で行う必要がある。
この絶望的な高放射線に耐えながら作業する管理者、人間なしでこのプロセスを試みることはできない。
各ロッドを除去する工程では何事もなく1300回以上繰り返さなければならない。

このような複雑な条件の下で損傷を受けた核燃料を移動すると、臨界につながる可能性があります。

福島原発では地下水を大量に扱っている。
無限の悪化から物事を保つために水を注ぎ続ける24時間年中無休の状態に維持しなければならない。
しかし最近、植物の下の地盤沈下の問題や液状化があるように表示されます。
そしてそれは、おそらく溶融燃料と接触しているように、建物内に流入した水は、また高レベル放射性になる。



RSS2.0メンテ


Page: 1 |

Like!! like
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 指 youtube動画の貼り方
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存