このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。

ネット掲示板 > ポエム掲示板 > 記事閲覧
  〜小説〜
日時: 2012/05/29 18:08
名前: れんりん

ハロハロです!
ここって、小説・・・アリ・・ですよね・・・?
もし駄目な場合は、スレを消します!
後、
みなさんも是非小説を書いてください!
私も書いていきます!


私の小説が、ヘタクソとか意味わかんないとか
展開、速すぎとか言いたけりゃ言っていいんです。
でも、理由も無いのにそんなことは言わないでください。

RSS2.0メンテ


Page: 1 | 2 | 3 | 4 |

Re: 〜小説〜 ( No.27 )
日時: 2012/08/30 16:13
名前: れんりん

【17話】

『こんにちは。


8月14日、お昼のニュースの時間です。』


何回聞いただろうか、このラジオ。


何度眩んだんだろうか、この世界。


いくら等希を助けようとしたって、


陽炎が嗤って奪い去る。


繰り返して何十年。


もうわかってる。


等希を助けることはできない。


だから。


この、繰り返した夏の日の向こう・・・・。

   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.28 )
日時: 2012/08/30 16:15
名前: れんりん

【18話】

「ゆうー!!」


手を振る等希に、


「よう。」


俺も手を振り返す。


一番最初のときみたいに、二人でベンチに腰かけた。


「でもまぁ、夏は嫌いかな。」


ふてぶてしく等希は呟く。


俺も嫌いだ。


正確に言うと、


嫌いに「なった」。


掲示板に目をやると、


古い掲示物が貼られていた。


あの『花火大会』の貼り紙はきっと、


俺には二度と来ない『明日』、貼られるんだろう。


結局「好き」って伝えられなかった。


親友として、


等希のそばにいられることすらできない。


「あっ、みー!!待ってよー!」


みーが横断歩道へと走って行った。


それを追いかけていく等希。


「・・・。」


俺は立ち上がり、そのあとを駆ける。


見つけたんだ、


俺の答え。


等希を助ける答えが。
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.29 )
日時: 2012/08/31 15:11
名前: ひよりん◆NnmIEWPh/FA

れいりん

面白いね

頑張ってね♪
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.30 )
日時: 2012/08/31 22:00
名前: れんりん◆/FvqGiKQiuA

>>ひよ

ありがとー!
頑張るぜ^ω^

【最終回】

「ごめん。」


そう等希に囁き、押し退けた。


「え・・きゃあっ!」


等希は公園の入り口あたりまで引き戻され、


俺は道路の真ん中へ。


「これでよかったんだ。」


道路の真ん中でそう呟いた、


『キキーーーッ!!!』


瞬間、


急ブレーキをかけたトラックが


俺の身体にぶち当たった。


ありえないほどの血が


飛沫になって俺の身体から飛び散った。


繰り返した8月14日の日差しが俺の血をキラキラと照らす。


その乱反射された光が等希の瞳にも映った。


「ゆう・・・ゆうが・・・!!」


泣き出す等希が、血で赤く染まった視界に映った。


その視界に、


もうひとつ人影が。


―――陽炎だ。


目を見開いて驚いている。


文句ありげな顔しやがって。


「ざまぁみろよ。」


誰にも聞こえないほど


小さくかすれた声でそう言った。


その時、頭に浮かんだもの。


それは去年の夏の記憶だった。


『もうすぐ秋かぁ・・・また来年だね。』


『・・・そうだな。』


『来年もまたこうやって一緒にいようね!』


『もちろん!』


来年は、


来年は――――――――――来ない。


その瞬間のこと。


【実によくある、夏の日のこと。】


そんな何かがここで終わった。


____________________________________________

「・・・。」


8月14日のベッドの上。


少女は一人、目を覚ました。


「ごめんね・・・ゆう・・・・・・・。」


今にも泣きだしそうな声で、


少女はただ


「またダメだったよ・・・・・・・・・、みー。」


と一人猫を抱きかかえていた。


「みー。」


猫のみーが


一瞬だけ


嗤っているような気がした。


―――――――――END―――――――――――
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.31 )
日時: 2012/09/01 07:27
名前: よしだみ

りん!これおもしろかったよー☆


   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.32 )
日時: 2012/09/02 11:13
名前: ひよりん◆NnmIEWPh/FA

れんりん

ごめん。れいりんってなってたね

ごめんね><

あと、この話面白かったよ
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.33 )
日時: 2012/09/04 18:20
名前: れんりん◆/FvqGiKQiuA

>>なっちゃん

有難う!
次の小説、何書こう・・・┌┤´д`├┐

>>ひよ

え!てっきりれいりんって呼んでるかと思った!
↑ゴメス、上の文章意味わかんないw自分でも


   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.34 )
日時: 2012/09/04 18:32
名前: ひよりん◆NnmIEWPh/FA

れんりん

あ、そうでしたかww

あの・・・もし良かったら、れいりんとれんりん、両方で呼んでもいいでしょうか?
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.35 )
日時: 2012/09/04 19:33
名前: れんりん◆/FvqGiKQiuA

>>ひよ

ぜんぜんいいよ〜ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

なんかれいりんが気に入ってるw
   メンテ
Re: 〜小説〜 ( No.36 )
日時: 2012/09/06 15:23
名前: ひよりん◆NnmIEWPh/FA

れいりん

あーとぉ♪
   メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 |