ネット掲示板 > 日記掲示板 > 記事閲覧
  ブランコな日々
日時: 2016/10/11 21:53
名前: 檸檬 panda-world

ただいま。
戻ってきた…
いつもの人のみ、お願いします。

理由は…アップダウン激しいのと
キレやすくてコミュ音痴だからです。
気軽に関わると傷つけてしまうので…
みんな…全部そうだったから。。。
ごめんなさい。

人付き合いスキルマイナス100
仕事続かない
人怖い
自分きらい
檸檬の日記。

死にきれず、のたうちまわるスレ。(今のところは)
普通は見ててイライラするはずです。
が、本人はガチで苦しいので気になる方はご遠慮ください。

以上、ではスタート。


RSS2.0メンテ


Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 |

Re: ブランコな日々 ( No.818 )
日時: 2017/08/13 22:15
名前:  panda-world

両親の理不尽が過ぎた
あきらかに道理がおかしいのに
母は父の肩を持つ
なんであろうと
もう限界だ
さよなら
もう耐えらんない
もう頑張る毎日に疲れた
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.819 )
日時: 2017/08/14 01:14
名前:  panda-world

気づいたのだ
私は死んでたんだと
最初から
今迄ずっと
気がついたいまさら
死は私には生きたい抗いだった
生きたいから死のうとする
なぜなら私の毎日はずっと
最初から死んでいる
他人と違い死んでいるから真逆になる
生きようとしたら死ぬほかはない

何十回通い詰めてる他人家のマンション
嘲笑える
階段から眺めた夜景
風に当たり続けた
からっぽだった
なにもないという現実は
ただ虚ろで
だからか現実味がなかったよ
足をかけたりしたを見たりなんども
以外に壁があつみがあるから
さながら跳び箱みたいに沢山お手つきして
あしをかけて
いざおちるときは
明るすぎる目立つ場所に立たねばならない
それが私には大変だった
泥棒みたいに身を隠し
人や車、通行する全てに気を使う
理性で死ぬぶん、二択に悩み
確実な致死だが視界がきになるa
飛び降りやすいが下手すれば植え込みなb
タイミングがため、階段ですわりこんだり
繰り返しみをかくした
1時間くらいいた
失敗した
諦めきれず
場所をかえたりもした
そっちはなかなか立地がいい
だが途中通行止めがあり、
アクロバットな気合と痩せた体格あればなんとかいけるかもで。
このときも、ジャングルジムか泥棒さながらの動きに決意できず
また次回に持ち越しだ
疲れた
死ぬまで続く茶番
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.820 )
日時: 2017/08/14 07:52
名前:  panda-world

もう言葉を他人に発するのをやめる
現実世界で理解を求めるのをやめる
決めた
例えそれがひどいヒキへの重症化だとしても
わたしはもうやめる
仕事での作り笑いも接客以外全部やめる
挨拶も会話もぜんぶやめる
昨日ショックすぎた
気づきすぎたんだ
この親たちはなにも理解しない
この人たちにはなにも響かない
わたしが話すこと
私がやることは全て
内容や道理関係ない
わたし、だから、全て無意味で
だめなんだと
些細なことだった
くだらない喧嘩だった
だけど、いつもと種類が違った
私に非がなかったんだ
今回ばかりは
なのに、私が父にされたことでキレたら
母が猛烈にキレてきて加勢した
わけがわからない

例えるならそうだな
クッキー作ろうとして(しかもそんなに作りたくなかったんだ、
だけど、作れと親がうるさかったので、よし、こうしてみよ!
と考えて重い腰を上げたんだ)
クッキー作るね!
と周りに言いながら
自分なりに道具やら材料やら
お皿やら、全部色々考えて工夫して準備して
さあ生地を焼こう!となったときに
他の用途に使いたかった父になんの許可もなく生地を奪われ、食べられていたの。なんで?!ひどい!やめてよ!!
どうしてそんなことした??私が準備してたのしってるよね?
百歩譲って奪うなら同じように作り直して
置いといて!元の状態にして置いてよ!
準備したんだから!
と、私が言うと

なんでそんなことしなきゃいけないんだ!
すぐに作らず置いといたお前が悪い!
元どおりにする?なんで俺がそんなことしなきゃならない?
そんなこといったら、この家とボウルやオーブンは俺のものだ!
俺がいつ奪おうとお前に権利はない!

いや、だから準備したんだよ?
見てたよね?知ってたよね?
なのになんでそんなことするの?
せめて勝手に使ったんだから同じように生地作って戻して置いて!
俺のもの?なんでそんなことが言える?
じゃああなたは、バターを溶かし、小麦を混ぜ、チョコチップを混ぜ、
練りこんだのですか?作ってないよね?
作りもしないでボウルやオーブンだけであってもなにも生み出せないでしょうが!何言ってんの?それに酷いのはそっちなのに、なんで逆ギレ?
私、なんも間違ったことしてないし言ってないよ?
明らかに父が勝手に台無しにしたんじゃない!
元に戻して!
と私が言うと、

母がなぜか猛烈に母が怒鳴ってくる。
中身はない、ただ、なんで父にキレるんだと逆ギレ。

私は、最初は冷静に話していた。
だが、親たちは猛烈にキレ返す理不尽。
母にとっては、私が怒る内容なんてなんだっていいんだ。
父に物申している、キレている、その姿だけで理由になる。
母にとって、父が絶対で。
私はゴミ。内容なんかなんだっていいのだ。
全く聞く耳を持たない。
わたしは、なにをされても理不尽があっても
人間としての基本的人権すらないんだ
居候だったら、なにしてもいい
そんな親たちなんだと気付かされた
気持ちが折れた。
そのうち、もっと老いたら
父から性暴力受けても正当化されそうな勢いだ。
自分に金がない、社会的立場がないばかりに
私は何をしてもされてもいいのだから。
そして母はストッパーにならないのだから。

これまでも、色々あった。
薬を机の下に常備していた私、
なぜか見つからない。
ソファの下に隠され押し込まれていた。
父によって。
なんの会話もなく。
なぜそんなことを?!と嘆くと、
邪魔だったからだ。
俺の家だからなにしたっていいだろ、という。

最近は、玄関の靴を私だけ靴箱に収納された。
よく履く父母の靴は並べているのに、私のよく履く靴だけ、
押し込まれ隠されていた。ショックだった。
いくら実家にいるからって、お前は存在するんじゃない、
目障りだと、親に言われたも同じに感じたからだ。
ショックすぎて、怒る気持ちもなくした
なにも言えなかった。他にもリビングに置いていたシュレッダーも
不在時に部屋に投げ込まれていた。邪魔だったから、と言う。
勝手に部屋にも入られた。

父は、昔から、たまにこちらがショックを受けるような酷いことを
自分が気に入らないことがあるとすぐにやる。
それが老いてなお顕著になり。
それ以上に、母が厄介になって頑固になり。
些細なこと、例えば皿の出しっ放し、
包丁の置きっ放し、ゴミの量産を優しく注意すると
一切聞き入れない。無視をしたり。
そして道理関係なく父の信者みたいになった母。
居候のお前が父を否定すんじゃない!と。
いや…居候だからって、していいことと、悪いことがあるでしょう!
あまりに酷すぎる!自分がされたら嫌な癖になんでそんなことができるの?
なんかもう、やり方があまりに性格悪すぎて、常識外過ぎてわけがわからないよ!と、私。
だが、全ては無駄。
私には人権はない。
離れたくても離れられない。
自分の為に、自分のせいで。
死ぬ他ない。
言葉が意味をもたない治外法権。
世間は言うんだろう、家を出ればいい
出ないお前が悪いと。
出られない苦しみがわかるか。
まともに働けない苦しみが。

私は本気で浮浪者になることも考えた。
テントを買うのが先決かな。
でも昨日はもう、死ぬつもりでいた。
遺書しか持たなかった。
だが、死ねなかった。
またチャレンジする。
だって死ななきゃなんの意味もない。

死ななきゃ、世間からは構ってちゃん扱い。
家族からは永劫逃げられない。
私は全てが苦しみでしかない。
助けは一切得られないばかりか傷つけられ
搾取されるだけ。
お金は日雇いでしか稼げない。
それもままならない。
そうして将来性もない。
頼れる他人はいない。
もうリアル世界で誰かに言葉を発するのも
疲れたもう疲れた

人間になり、私を救うには自殺しかない
薬は嫌だったけど、何度やっても飛び降りれないなら
薬しかないのかな。
薬と飛び降りの合わせ技が一番かな。
でも朦朧しながら廊下で出くわしたらまずいしな。
くだらないな、なんでこんな辛いんだ
なんでこんな死なないの
人間の身体がうざい。
首吊りが一番楽というのに、不器用な私はうまくできないし。
移動が面倒くさいからやっぱり高さにこだわらず落ちようかな。
6階くらいならわからないし。
その先とかもどうでもいい。
飛び降りの多幸感達成感は他に勝る。
もうとにかく、事を起こしてしまわない限りは
何も変わらない。
死にきれなくてもいいから死ななくちゃ。
努力はしたんだ死ななくちゃ。
ああ疲れるずっと疲れる
落ち着いたらアニメを見よう
優しい世界はここだけだ
わたしは、生きる価値がない
生きていたくない
以前、すりつぶし機を買っている
それを使うかなやっぱ
失敗すれば、あの人みたいに肝臓を悪くするんだろう
胃洗浄なんだろう
だったらいいか
だったら
それがいいなら
柵くらい超えられるよね
越えようね
ああストレスかな
喘息が始まった馬鹿みたいだ
窒息死できたら最高
やはりそれがいいかな。
いっそ、自宅で死んでやろうかな
それなら首吊りも色々できそうだし
風呂場で感電死が現実的かな
ああ死ぬときだけが自由だなんてな
死ねないときが怖いなんてな世も末だ
現実の全てに全く思い入れがないことに冷静になってしまい
空っぽすぎて、理性だけがあって死ねなかったのが笑えてしまう
わたしには何もないんだと知ってしまってる






   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.821 )
日時: 2017/08/15 01:53
名前:  home

人が怖い怖くてたまらない
一緒にいるイメージ
ランチタイムのイメージ
し始めたら恐怖心がたまらなくなりまずい
怖い怖い怖い
病院の待合室
ハロワ
あらゆる場面で説明した時の居心地の悪さ
プライバシーの無さ
相手のひどい反応
蔑み
過去のいじめ
トラブル
話されたこと
過去
視線
暴言
フラッシュバック
息苦しい頭が熱い怖い震え
耐えらんない
喧嘩してから親と同じ部屋も苦痛
壁がある自室にこもり続けた今日
リビング行くだけ、気配だけでストレス
壁が薄いのもストレス
無音の箱、人の気配のない清潔な場所にこもりたい
たまらない


   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.822 )
日時: 2017/08/19 11:05
名前:  home

私は嘘をついた
嫌われたくない、好かれたい、
いい人に思われたかったから。
リップサービスしてしまった。
無理して話そうとしてしまうのに、
あなたが話しやすいから、なんてご機嫌とりを
してしまった。
わかっているはずなのに
わかっていたはずなのに私は。
助けて
自分から逃げられない怖い

人に会った
自分から。

目を見る。

止まらなくなった。
言葉が。
怒涛の多弁である。
またか。
頭が麻痺したような没頭。
夢中で周りが見えなくなる。
1人悲劇の顔芸にたたきつけるような
甲高い喋り。
だが、一度始まったら
相手が普通の人であるほど
制止はしてくれないわけで
迷惑だけかけた状態で数時間独演会。
内容は、いかに自分がダメかについて。
そして、不安からちょいちょい入る自己弁護。
死にたくなる。

だが、スイッチが入ったらもう…下がらない。
死にたくなるのは帰宅してからだ。
しかも勝手にしゃべくりまくるわけで
勝手に疲労し。
頭がつまったような感覚なり知恵熱のよう。
眠いというより、消耗…といった感じで
立っているのが辛い。
というわけで、即寝てしまったほどだ。

最近は、説明しようとすれば
すぐ入り込んでしまう。
必ず、この状態にハイになる。
目を合わせた、他人ならば全て。
本当に辛い。

結局、自分は
自分に自信がない。
不安だから余計に話してしまう。
わかってもらおうとしてしまう。
もう無意識の恐怖である。
理解されないだろうと分かりきっているからこそ、
余計に理解されなきゃ!頑張らなきゃ!
わかって、わかって!!
となる。

そういう分析や反省は
できるくせに。
どうしてなの。
ああ。

いや、理屈はどうでもいい。
現実問題。
とにかく、人が私をみた時の
ぶわあっと湧く恐怖に抗う術はない。
とにかくヤバイ。

これこそ、カウンセリングが必要だな
なぜなら結局、シロートは無理なのだ。
優しい人ならただ聴いてしまうし、
普通の人なら引くか避けるか嫌われる。
どちらも自分にはキツイ。
聴かれてしまうのも、
自分は話したくないのが本音だから
地獄なのだ。
話した後の罪悪感。
次会う時があった際の嫌われ恐怖。
これがまた無限に繰り返され。
自殺したくなる。

見てくれの批判を恐れようとも
嫌われようとも
マスクをしたほうがいいかもしれない。
言葉をセーブするために。

しかし、怖い。

また
マスクは普通嫌がられる。
一時的ならまだしも、ずっとつけてる不信。
不快感から嫌われたりもしやすい。
文句も言われたりする。
私は目が笑っていない、笑えないから
他人が私を怖がるからなのだ。
いつも、口元で偽の笑顔だから。
目までは騙せないのだ。
批判への恐怖感。
マスクをして向き合えば、
興奮状態の酸欠でさらにいきぐるしくなる。
だがマスクすると豊麗線がキツくなり
メイクも剥げ落ちて汗がベタベタになり見た目がひどくなるために
さらに人目が怖くなり怖いから外さない。
すると、強烈な不安感に上がりに酸欠が加わり、
さながら不発弾をかかえたような感覚なる。
苦しい、パニックだ。

話は通じる、だから病的とまではない印象よ
そうフォローいれる知人に
私はまた絶望する。

知的障害はないんだから話が通じて当たり前だ。
私が言ってるのは、そういうことじゃない。
いま、一方的に話し続けるおかしさ、苦しさ
嫌である、私が人間であることを放棄しないと
私は破壊していくからだ。
そんな世辞を言っても、実際、他人は離れていく。
嫌がられる。

例えるなら、望んでないのに毎日強烈な体臭もちがために
日々多数に避けられるような、そんなイメージだ。たいした臭いじゃないわよ。そんな無意味なフォローと似ている。
それで生きていく苦しみは、地獄である。

仮に、返事をしなくていいよ、話さなくていいよ、
言われたって、暗黙の気配りを感じ取ってしまうから
そういうわけにはいかなくなる。
ダブルバインドみたいな他人ばかりだからだ。
嘘ばっかり。
仕事だってそう。
帰ってもいいよ。は嘘で。
付き合いサービス残業があり、参加しなければ
職場を追われてきた。
みんな嘘ばかり。

私は私が誰かを壊さない為に
自分を一生幽閉しなければならない。
それはしんどい。
だから、死にたい
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.823 )
日時: 2017/08/19 13:13
名前: 檸檬 home

イライラする
足元を見る輩
私のせいか
そうなのか?
でも気づいたことが

他に何か質問は?
は、終わりたい合図
質問してほしいわけじゃない
帰りたい、閉めたいのだ。
私はバカだ。
一生懸命、質問をひねり出した。
結果、めんどくさいやつと思われて
チャンスを失った。

質問も、不安だから聞いているだけなのに。
他にあるかと言うから聞いているのに。

わたしが。
Aはありますか?
とか
Aですか?
と聞いたなら、
なぜか相手は私がAを希望してると思い込んだ。
私はAが嫌だから婉曲で聞いたのに。

例えるならそう、
ワサビ入ってますか?
これは、ワサビが嫌だから聞いている。
ワサビ入れて欲しいわけじゃない。

だけど、これらは相手側の認識
イメージに基づいている。
なぜなら、ワサビ、は苦手な人がいる
という社会通念、背景認識が浸透しているから通じる話で。
もし、ワサビはみんな大好きなもの!
という文化や、認識なら、
同じ問いでもやはり意味合いは異なってくる。

これと同じ現象が起きている。

わたしは、残念ながら他人と異なる体質だ。
そんな私が聞く質問は、相手のフィルターを通すと
意味が全く伝わらないどころか
真逆な印象を与えかねない
もう嫌だ
だって、相手がどの程度
どんな認識でいるかなんて私じゃ測れない
ましてや、他人なんて
メンタル知識は0か偏見まみれと考えて
ほぼ間違いがない。

こんだけ沢山相談しても
結局、だいぶよくて3割理解したらいいほうだと
心底知っている
そして自分が口下手なことも輪をかけて状況をわるくする。
抱え込む苦しみ
手放してもろくなことがない苦しみ
死にたい

伝わらないのに
伝えるように求められ
でも
伝えたところで共通認識の土台がないから
伝わらない
わたし、がそういうタイプなので
と話せば厄介にしかならない
だったら何も言わない、言えない
いいたくない

なのに、他人はわからないことを恐れ
わからないものを迫害する

もう私をほっといてほしい
わからないなら
わかる気がないなら
絡むな、脅すな
私は平和を愛している
話すたびの邪推に疲れた
ああ
人間がいやだ
関わりたくない
死ぬことが希望である
最終的にやっぱり飛び降りだ

知人が言った
迷惑がかかるからと
私はそんな段階とうに超えた
過ぎている、通過してきた

たまたま血が飛んだなら、運の悪さ
残された家族?そんなん気にならん。
なんだって生きていくさ、あの人たちは。
悲しみ?知ったこっちゃない。
私は苦しいんだずっと苦しんできた。
他人のあずかり知らぬ苦しみだ。
努力をいつも強いられ、それは全て無になる。
毎日毎日、血反吐吐きながら書き上げた漫画を
毎日ボツにされる作家のような毎日だ。
それを、希望がなんて言われたくない
この先いいことがあるなんて言われたくない。
だって、そういって励ます奴らは、ボツと指示する
まさにその人だからだ。
お前に言われたくない。
お前に。
お前がボツにするくせに。
お前の幸せや悲しみなんか
私が推し量るわけないだろうが。
憎しみだよ。
でも、非難されるんだろう?
だから。
だから私は黙って死ぬのだ。
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.824 )
日時: 2017/08/20 01:06
名前: 檸檬 home

よく、死んだら迷惑が…とかいう思考する人いるが
私の場合、違っている
生きている方が迷惑がかかる人間なのである
そんな人間もいるんだということに
なぜ考えが及ばないのか。

あの子も言った。
エゴかもだけど、私は生きててほしいよ?と。
なにを。
内心で嘲笑するしかない。
おまえになにがわかる。

私が例えば、汚ったない
ホームレスになっていたなら
あなたは私と変わらず付き合いますか?
水商売のキャバやってたら
あなたそれでも私に変わらず接せる?
生活保護やったら
あなたは見下しませんか?
批判しませんか?
嘘ばっかり、美辞麗句の他人。
反吐がでる。
平和なお花畑たち、世間。
イライラする。
そんな自分のドス黒さにも
嫌悪感と死にたさ。
お前にわかるか。

死にたいと言って
生きていたら口だけ扱い。
その癖、事前にわかれば
死ぬなと?
ふざけるな
世間の思考回路にイライラする。
殺したくなる、消したくなる
世界を見たくない、閉じたい

私が死んだなら
私の魔の手から世界を救える

私が触ったものは皆腐る
私が望めば迫害される
私が笑えば憎まれる
もう沢山だ疲れた

私は私から皆を守らなければならない
他人の笑顔と時間と喜びを
奪ってしまう私から
だから死ななきゃならない
どんなに望んでも周りを不幸にする絶望感
死んだらそれがない
安心できる
幸せを感じる
もう痛くない苦しくない
頑張りたくない
もう
誰の邪魔にもなりたくない
だから願う
その先を
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.825 )
日時: 2017/08/20 21:38
名前: 檸檬 panda-world

ザ、ハイテンション。
ウルトラソウル!!イェイ!
な状態が延々続いた
幸い、騒ぐ仕事だったので
上がり切ったまま
ニコニコ全開
心臓バクドキなまま
おわった。
楽しい!(*≧∀≦*)って感じ。

が、ブラック派遣ゆえ。
最後の最後で嫌な思いして
サビ残10ふん。
その前も無給早出30分。

しかし、200パーセントくらいの力で働きすぎてしまう私。
時間が切れたら、それはつまり、コンセント抜いた状態になるわけで。
頭の芯がわからないような、表現が難解だけど早い話が
脳が限界なわけです。
例えるなら対人恐怖症が、ランウェイして見られまくるモデルやる、みたいなタイプの仕事だったわけで。
当然、ハイになり続けるわけですw
(しかし、そういう仕事だから働ける。という。対人の力の微調整がいらず、
ハイに逃げられるから。だけど、全力だから定時で限界なわけ。)

しかも、ランチは1人になりたく店入ったら
まさに会いたくない先輩たちに出会い…。
流れで、同席誘われ断れず逃げられず。
全く休憩感ゼロで。

電源切っても、ハイでばくばくがおりきらず
苦しい最中、
そこに仕事終わりにミーティングと称してサビ残
つまり微調整な対人
探り合いや曖昧さや好かれや
そんな負荷がかかると
もうだめである。
モチベーションもだだ下がりで。

だって私は
勤務時間中
命かけてたのだ
仕事に。

そんくらい、やってしまうのだ。
そんくらい限界で。
時間内で高い評価を得ていたのに
最後の最後でサビ残。
そこで耐えられずにイライラな態度を身体が
表してしまうのをとめられないと
途端に相手がムッとして
頑張りが、評価が地に落ちたのをたいかんさせられた。

いや、もう
無理である。
自分は限界である。

死ぬ気で働いても、
他人の手ごころが、サビ残参加か否かで
決まってしまうリアル。
自分が時間内に最高のパフォーマンスをしようと
努力してきたことはなんだったのか。
周りの同僚をみても
仕事に3くらいしか力を入れずサボりまくり。
私は8か9頑張って。
しかもなのに、目立つからかやたら指導を受ける。
周りは私が8やるときに2しかやらないのに何も文句言われず。
8やってる私に10やれと発破かけてくる。
意味がわからない。
じゃあ周りに合わせてみようかと
5くらいに頑張って調整しようかとすると、
サボるな、10やれ!言われる。
そのとき、周りは1しかやってない。
わけがわからない。
でも、わたしの人生にはありがちなこと。
だからもう絶望感。

みんなサボりまくってんのに
なぜそちらには指導しないのよ。
ベテランだから?長いから?
私が下手にニコニコ柔らかく愛想良いから
言いやすいのだとわかるが、
(檸檬以外の周りは真顔でキツそうに見えるひとばかり)
怖いからこそ笑顔になるだけなのだ。
近づいてこないでほしい。

帰宅しても40分以上、ハイの余韻。
でもまあ、ハイで自我をぶっ壊れさせるから
人前に居られるのであり
それがなけりゃ
人とかかわれやしないのだ。

だが、自分でも呆れたのは。
ハイになりながら
散々人目につきながら、
仕事終わり30分くらい前から
人前の恥ずかしさが強烈にわきあがり
いてもたってもいられないくらい
恥ずかしくて怖くなって
息苦しくなったことである。
バックヤードにとびこみ
頭から布団かぶって震える衝動に駆られ。
しかし、戻ったら、人前にその後出れなくなるし、
なにより、上が私を長居させるわけないので
無理なため、さらに派手に目立つことで自分をシャカシャカすごいスピードでかきまぜるみたいにさせて、私という自我を叩き潰し
恥ずかしさを圧し殺した。
が、当然、無理にやってるわけだから負担は無意識レベル。
深い。

固まるようにフリーズして寝て、初めて、本来のわたしになる。
私は、弱弱ヘロヘロ…そして、死にたいと。
あーあ

しばらく踊る私
燃え尽ききるまで止まらない
あっはっははは

   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.826 )
日時: 2017/08/21 05:34
名前: 檸檬 panda-world

目が覚めたら
頭が寝違えたみたいに凝りまくってて
みられる不安がふっと浮かんでからの
思い出しからの
強烈な恐怖感と恥
死にたい
怖い怖い怖い
なんであんなに目立ったんだろう
死にたい
顔見知りもいたかもしれないのに
ああこわいもう嫌だ
今日から地獄
ストレスが開始する
真逆に触れる
どうしよう
逃げ出したい
あの場から逃げ出したい行きたくない
顔が妙に熱い
やだ怖いやだ
生きて居たくない
怖い死にたい
私が働き出すだけで上機嫌な母
さらに追い詰められる
もうなにもできない
わたしは、あっち(陽)じゃない
わたしは(陰)だ
でも絶対に相手は誤解した
社交的を隠してた策略家だと
私は違うのに
コミュ障を無理に押さえつけて
壊れた陰気で話もできない木偶の坊
恐怖者だ
怖い
ああ
誰にも会いたくない引きこもりたい
穴蔵や暗がりに入りたい
ああ
どうしたら
朝なんだ
逃げられない
みられ続ける
ここだってかわらないのに
誰もなにも
目的なくさらしてるだけなのに
なにやってんだろう
もうダメだと思う
休みになったら死のうそれしかない
体力は根こそぎ奪われているからうごけないのだ
まだ寝たいのに恐怖が動悸する
ああ
帰りたい
何だろう帰りたい
消えてしまいたい
火が出そう
   メンテ
Re: ブランコな日々 ( No.827 )
日時: 2017/08/21 07:02
名前:  home

必要もないのになんで早起き?
3時間も前だし
おまけに朝飯まで食べてしまって最悪
つかれてるはずなのに
すでに朝から戦うモードか
興奮状態覚醒ああ
   メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 |

Like!! like
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 指 youtube動画の貼り方
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存