ネット掲示板 > 日記掲示板 > 記事閲覧
  苦しまぎれの与太日記
日時: 2019/02/01 23:10
名前: ミツカ panda-world

鬱屈した気持ち
環境から飛び出せ
吐き出せと
他は言うが。

実際それやるとバッシングされたり
呆れられたり
批難される。
傷ついてるときに
塩みたいな。

それ避けて行ったら必然
何も発信できず
引きこもるようになった。

拠り所たるあの人は
今やその先を見据えた強い超人
弱いと言いながら弱さを断ち切って
私たちを置いてけぼりにした
あの輝きを消したくはない。
だから、私は物言わず燻り。
批判することもなく
自分の苦しみを抱え続ける。

肥大していく苦しみ。
日に当たればすぐに痛みがわく。
外に出たことを後悔させられ。
あ、死んでしまいたい。
死んでしまお
と立ち位置が戻るのだ。



RSS2.0メンテ


Page: 1 | 2 |

Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.3 )
日時: 2019/02/02 06:54
名前: ミツカ panda-world

死にたい死にたい死にたい死にたい
叫ぶことすら
言うことすら許されない
批判される世界
そんな社会で死にたくなったなら
口にした瞬間に
さらに傷つくことが必ず起きる
飽きた
こんなことよく聞くんだけどうざいとか
知ったこっちゃないわ
死にたいんだよ
黙れよ他人
私の本音は私にしか解せない
死にたいなんて嘘
生きたいんでしょう?
は?
言葉の通じない宇宙人
交信したくもないのにきこえる声のごとく
いつまでもいつまでも
私の後をついてくる暇人
好みに違いがあるのと変わらず
真実はいつも私が持ったまま

人波で言えないのなら
自分で吐こうここでと決めた

私による
わたしのための
わたしだけの詩

真実をさらけ出す居場所

わたしは死にたい
ただ死んでいきたい
生きていたくない
生きろと言われたくない

全てが悲しくて
全てが虚しくて
総てがあさはかで
居場所すらない

朝がきて恐怖し
義務に頭をかかえ
なだめすかし外出までこぎつける
歩きながらいまを憂い
考えながら泣きたくなり
中では死にたくなる

   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.4 )
日時: 2019/02/02 06:59
名前: ミツカ panda-world

いつだって
そう。

抜けてる自分
決まらない。

間違えてしまう。
わたしはミツカ。
ドニー含めミツカだ。
恥ずかしい。

恥ずかしさをかかえたまま生きるには
わたしには勇気がない
ごめんなさい。楽にさせて。
楽ってなんだ。

見えない言えない
世界だけが変わってく
わたしを退化させたまま。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.5 )
日時: 2019/02/04 06:34
名前: ドニー panda-world

真理が降ってわいた。
ずっと動けない私
一歩も動かない私を
私は殺してきた
嫌いだった
叩いてきた。
が。
気がついた。
私は
動けてる時があった。
それは、
嫌な音

終わらせ
嫌な事を
なくす!
その為
その瞬間には
それを終わらせに
動いていた。
唯一。
その時だけ。
その時は動けてた。

私は
馬鹿ではなかった
私は
ちゃんと選んでいたんだ。

今より良い場所へと
私は動けた。
動けなかったのは
今より良い場所だと思えないから。
今より良い場所を描けなかったから。

私は正しかったんだ最初から。
私は最初から
私の声を聴けていた。

嫌な事を終わらせるためには
私は動いた。
それは、終わらせたら快適な時間が待つからだ。

私が死にたくなるのは
生きている今より
死んだ方が快適だからだ。

私が現実世界で居場所がないから
居続けられないのは
そこに安心ができないからだと。
私はずっと人が怖かった
何をしていても怖くて怖くて
たまらないからだ。

ある人が
いつも言うセリフ。
遠くへ行け、遠くへ行けと。
それは、とてつもなくポジティブな考えで。
彼はきっと。
今より、遠くが。
現在より素晴らしいと。
素晴らしい場所であると。
確信に近いくらいの熱量で
生きているからだ。

私は違っていた。
今がつらい。
現在辛い。
過去も未来も辛いと。
ずっと思って。
そうして生きてきた。
だから、今より先
現在より未来が良いものになる
良い居場所があるなんて
想像すらし得なくて。

そういったことに
今気がついて。
目からウロコ。

私は最近ずっと
彼が私に近い人間だと思ってきてた。
親近感みたいに。
悪い意味での。
私みたいに陰気だと。
世間評もそう。
陰気な人だと引きこもりの星かのように
扱っては笑い者にする風潮で。
けど、だけど。
違った。
多分違う。
彼に内在するのは、むしろ真逆の
明朗活発で陽気な人間性。
陰気なんて偽物で。
眩しいくらい太陽な人だと
気づいてしまった。

なぜ気づいたのかはわからない。
きっとずっと、わたしは寝ながらも
人生を思考していたのだろう。
難解なコンピュータ言語が演算するように。
ずっとずっとずっと。


それが。
チン!というレンジの音みたいに。
パチリと目が覚めた不思議な朝6時に。
いつも決して目覚めないこの6時に。
なぜかちょうど目が覚めて悟った。

わたしは、
もっといい場所があると
想像できなかったのだ。
想像できないでいるのだと。
または、
今よりマシがないと
もう生理的
本能的に察し
演算してる。
それに間違いがないのだと
気がついた。

もしわたしが、
死ぬこと以外で、
身を動かすことができたなら
それはすなわち、
今よりも
幸せで安全だとわかる
思えるから動けるのだと
理解できた。

ああそうなのだ。
身動きしないわたし
指一つ動かせなくなったわたしはつまり
動いたらヤバイ
動いたら苦しい
動いたら傷つくって知ってる
それも並大抵ではない傷つき方をすると
知ってる
それは幸せじゃないって
わかってるんだ。

ならもう一度考えよう。
今より幸せってなんだろう。
考えよう。
今いるところより
安全で快適で
幸せなとこに行くには
何をして
それはどこだ?どこにある?
もう少し考えよう。

降って湧いたこれは薬のせいか
あるいは頭が冴えたのか
なんなのか
わからないけど。
このすっきりを忘れたくないから
書き残しておく。

私は今
まだマシな場所にしかいない。
今以上にマシな場所を探せるか。
試されてる。
想像することすら苦しいなんて
私はかなり
暗い人生である。

彼みたいに、
遠くへいけば、マシになる
よくなると信じきれる
あの光のような強さが眩しくてたまらない。

遠くへ行ったらいいことがあるだなんて
想像すらしてなかったんだ私。

あるのかな?
見えない世界があるのかな。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.6 )
日時: 2019/02/04 06:47
名前: ミツカ panda-world

ふざけてる?
今よりマシな場所があるなんて
そう思うの?
ほんとにぃ?

だってさ、
データ的にも
社会的にも
現状的にも
他人のセリフ的にも
そんなのありえない
ってばかりじゃないか。
もっと酷くなる。
そんな話しか聞かない。
それなのに、
君鈍不相応なくらいの
まさに桃源郷のごとく素敵な場所が
探せばあるとでも?
バカ?
今までだって散々探した
ずっと探して
今だって探した
もう何十回何百回もの間違い
変わらずの辛い宣告。
それなのに、
あるの?
ってか行きたい場所ってどこよ。
今より素敵な場所って何よ。
言ってみろよ。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.7 )
日時: 2019/02/04 06:54
名前: ドニー panda-world

温かい布団に
風通しの良い間取り
清潔な空間に一人暮らししたい。

他人に生身ではプライベート以外では
関わらず。
引きこもって1日以上を終えたい。
休みの日は歩いたり散歩したり
外に出て買い物したり。
そこで店員と話したり。
音楽きいたり
ネットしたり。
それくらいで十分。

普段は、誰とも一緒に居たくない。
関わりにすら、なりたくない。
一人で静かに過ごしたい。
誰の支配や視界にすら入らない場所で
息だけするような
そんな時間を過ごしたい。
それなんだけど。


…叶うんだ?ろうか。
遠くへ?行ったなら。

普通なら、ありえないと言われるだろう。
それでも、ありえたいと思う気持ちは
唯一私を死なせない。
それしか生き残るすべがない。
あとは、死ぬ以外ない。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.8 )
日時: 2019/02/06 03:33
名前: ミツカ panda-world

腹をくくり
一人になろう。
ひとつで。

自分の存在について考える。
近年、ネット社会化が進んだ。
誰しもがツイッターやインスタを
当たり前に行う時代。

しかし、だからとわたしには
変わり映えがしない。

声をあげよう

する気持ちすら無いから。

当たり前であるからこそ。
そこにいなければ、居ないことにされる。
大衆がある分だけ
そこがまるで正しさや世論だとでもいうように
最近は特にメディアがうるさい。
通じてもいる。

なら、それらに発言すらしない人間たちの声は
存在は。どこにいくのだろう。
いいね!で大勢を作り
当たり前をつくり。ある方向を
正義と語り。
少数派を叩く。

発する言葉に熟考がないぶん
大抵の人は自分のこれまでの価値観などから反射的に言葉を口にする。
そこには、相手を知るために分析したり
調べたり、学んだりする時間がない。いきなりだ。

だから当然。
少数派の声は理解されない。
無知の言論があたってくる。

本来、出会わなかった人が
出会える機会としては優秀だが、
わかり合うというにはお粗末だ。
考える
ってことを。
忘れている現代人。

対して、少数派で非社交的な人間は
ずっと考え続けて慎重に傷つく場を避け
言葉を選び、生き抜いてきていた。
だから、その差が。
余計に怒りに変わる。
なぜ理解できないのかと。
こんなにも自分は考え悩みぬいて生きてきて
人生を暗くしてきたのにと。

問題の相手は、問題にすら気づかずに
悩みになっていることにすら目を向けず、
明るく自分のことだけ考えて生きてきて。
その不公平さと決して交わらないベクトルに目眩すら。

わたしがひきこもり
現実世界を拒絶し。
さらにSNSを拒絶していると。
気がついてしまう。
私は「この世界」に
存在すらしていないのだと。

言葉すら発さなければ、
私はいないも同じ。
私は存在していない。

存在していない人間の苦しみや問題が
緩和されるなどあり得ないわけで。

あの人は言った。
パソコンは自分を自由にすると。
自分を変えたと。

しかし、それは。
パソコンを使って発露したいという
人間が居てこその話で。
自分の表現をなにかしらでしたいと
思えた人間だけの特権で。
広く他人に知らしめたい
認められたい。
そんな強い気持ちがあればこその話で。
そこに技能があれば華やかなだけの話で。

最初から、その気持ちも
意欲も根こそぎ奪われた。
誰かに話すことや
認められることを願う気持ちを
失わされた人間には。
あまりに輝かしすぎて。

ネガティブだとか
陰鬱だとか
それに親和性がとか。
世間が言うレベルの共感が。

すでに眩しすぎる太陽のように
ポジティブに見えて。
似たものに感じれない。

多くの人は
あの人をネガティブで繊細。
ネガティブながら上向こうとする
内向人間の星だとも神だとも言う。

だけど私にはもう
彼はポジティブにしかみえない。

ポジティブなくせに、
置き土産ていどに
後ろを気にしてみました。
といった風にしかみえない。
成功してしまった人が
過去を振り返るだけだから。

いくらあの頃を思い出しても。
彼の心には
暗さは通過点としてしか
物語にないから。

今も鬱でいる人間には
その違いが見えてしまう。
感じてしまう。

不満や意見を表現する何かとして
なにやら媒体があったとして。
それを他人に伝わるように表現できる
そのこと自体が恵まれていることに
誰も気づいてない。

それが寂しく物哀しく。
辛さを感じる局面だ。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.9 )
日時: 2019/02/07 03:12
名前: ミツカ panda-world

死にたい
泣きそうな
死にたい。

言ったら困らせる。
相手のストレスになる。
ネガティブだと思われる。
わかっているから言えない
言いたくない。
優しい人だとわかっていて
散々甘えていると
わかってるから
余計に
言いたくない。

涙が出てきた。
辛いんだ
しんどいんだ。
死んでしまいたい。

人と関わるほどに
多くを知るたびに
自分がいかにダメか
自分がなんて向上心がないか
人としてだめなのかが
わかってしまう。

がんばろう。
頑張るね。
やってみるよ!
興味あるよ!
楽しいね!
いいね!
とやればいい
やらなければ
そうして人をある程度は喜ばせなければ
ただでさえ重い私をおんぶさせてて
それでも壊れないで居てくれてて
だから100あるうちの最低5〜10は
当然ながら相手のプラスにならないと
そうしないと最低だ
それだって次元が低い。
たった5だ。
ふざけんなだ。
きれられたっておかしくない。

それなのに
それなのに。
それすら辛くなってきた。
当たり前のマナー。
人付き合いはお土産渡し合う関係。
依存じゃないなら対等。
私と関わることにマイナスだけではいけないから。
だから、最低限必要。
それなのに。
それもつらくなってきた。

死にたい死にたい死にたいに満たされ。
何をしても見ても、表面で笑うだけ。
心はずっと穴が空いてて寂しくて。
もっともっともっと!と求めて
落ち着かない。
それをしないように
ブレーキかけて。
どんなに寂しくても
距離は保つ。
けして寂しいとは言わない。
私の寂しさは他人じゃなくて
私の中にあるわがままからくるもので
だからそれは形にしてはいけない。

私は、その人を本当に必要としたときに
必要としていたいから。
誰でもいいときに、利用したくないから。
それが、私と相手の中に作った
自分だけの関わりの掟。

死にたい。
なんで?
なんで死にたい?
どうしたらいいかわからないから。
どこへ向かい何をしたらいいか
何をすきになればいいか
何を欲すればいいか
どうやって社会の役に立てばいいのか。
まるでわからないから。

チャレンジするたび、するたび
不幸を量産する自分。
もう疲れてしまった。

家にいても、親のストレスになり
ただ食物を漁るだけの
恥ずかしい存在。
なにより、そんな自分が恥ずかしくて
イライラして。つらくて。

外部に言葉を発することも
疲れて辞めてしまった。

希望を語る他人は
衝動的。
損得や結果に縛られず
思うがままに気ままに動く。
例え結果が思わしくなくても気にしない。

私は、結果を見てから動く。
結果を石橋叩きまくり
粉々にして、嫌味や皮肉を言いまくり
他を不快にさせ呆れさせ、
血も肉もミンチになり跡形もないくらいにして
はじめて、どうしようかな、とまたいいだす。
意味がわからない。
昔はそうじゃなかった。

でも、無鉄砲に見える他人は
無鉄砲というわけではない。
動機が心を動かし、形を変えても
自身の心を満たしてるようだ。

私は違う。
即座に動いた時ですら
真に無鉄砲。中身がない。
すぐに動くために、思考を手離すから。
他人とそこが違う。
動機が全くない中で、
動くために動くだけ。
だから、なんの興味もなく続かない。
見ないようにすることでしか
素早く動けない。
動かない自分がある時嫌いになり、
ぷちんとはじけて動かす時は
いつもそれ。中身がない。
だからすぐ飽きるし空虚。
会話にもならないし
何も満たされない。
毎日毎日毎日毎日。何かの奴隷のように
なにかの罪のように生きていて。
悲しくて死にたい。

死にたい。

このままでいいわけがない。
周りは老いていくし
時間も金も有限だ。
なのに、どうすることもできず。
猜疑心と頑なさと恐怖が
あらゆる環境へ怒りを作り出す。
すぐ不満を感じてしまう
すぐ怒りが湧いてくる
全てをぶっ潰して壊して
ブチ切れてギタギタにして。
喧嘩別れや攻撃をしてしまいたくなる。

わがままだ。
それは。
あわせなきゃ。
もめないためには、だまらなきゃ。
聞いたらトラブる。
わかっていて。
そんなこといちいちきにするなんて!と
叱られたりもして
でも
マグマのような自分の怒りは
ずっと心臓あたりにあり。
それをかかえるのも
押さえつけて平気なふりをするのも。
楽しく生きてるふりをするのも。
平気じゃないのにたかるのも。
疲れてしまう。
望んでないから。
自分は嫌だから。
こんな自分の全てが嫌だからだ。

いつまでつづくんだ
いつまで?
私が生きてる間中
毎日が演劇か。
毎日毎日毎日毎日。
ふざけたふりして
平和なふりして
笑って。
似た人に共感したってそれはあくまで他人。
なんの関係もなければ
環境だって違う。
同じメガネをかけていても
表現や行動が取れるだけ
他人は優秀だ。
勇気がない
意気地がないね。
前向きに行きたいね?
は、まさか。
そのあたりがまるでわからない。
異次元。宇宙人。

ぜんぜん、ちがった。
ぜんぜん
わたしとちがう。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.10 )
日時: 2019/02/08 04:47
名前: ミツカ panda-world

捻くれ者と言われてしまうかも
だけど
人生があっという間だとしたら。
私の人生は苦しんだり
悩む時間にほぼ費やされていて。
健全な他人は、だから無駄
だから明るく前向きに生きたらいい
好きなように生きなくちゃ!
と話をもっていきたがるがしかし。
苦しんでる側からの景色から言わせてもらお。
だったら死ぬ時と変わらないよねと。
どんな死に際だろうと、死ぬときは痛いし苦しい
もがき苦しむだろう。
だけど、それもあっという間。
それなら、死にたいよ。
生きていたって同じこと。
あっという間のその間は
ずっと痛くて苦しいのよね?
終わりを迎えた成功者は
終わりがあるとわかるからそういうだけ。
成功者の美談はあてにならない。
終わった人はいい。
ずっと終わらない人がいるって考えない世間。
明けない夜はない?いやいや
明けたことが無い。

そうして明けぬまま苦しみもがきながら
気づいたら死んでいるのだとしたなら
私の人生なんだったんだ。
苦しいだけの日々。
なんだったんだ。
忍耐だ我慢だ体裁だと言われ
耐えた時間はなんだったんだ。
誰のために我慢した?
誰のために私でいたんだよ。
つらければつらいほど、
過去の痛みを適当に扱えなくなる。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.11 )
日時: 2019/02/10 07:17
名前: ミツカ panda-world

生きるため
便利な言葉のせいで
全ての違法を身に受ける
それが成立し。
避けて孤独を選べば
社会的価値が下がり
さらに足元をすくわれる。
そんな日々を自ら断ち切ろう。
生きることは頑張らなくていいなんてありえない。
違法、理不尽をうけるならば。
螺旋のように連なる理不尽から逃れるには
自ら死んで手離す以外に
道を見出すことも叶わない。
自分というモビルスーツを脱げないならば
どこへもいけず
どこだっていいとかならず
どこにだって辛いのだから
私は私をやすみたい。
わたしの人生を休みたい。
しがらみ全て苦しい
死んでしまおう。
頭に響くはBGM
優しいあの人
いや、哀しいあの人には
楽しみをいただき
わたしの笑顔がひきだされ
そこには感謝しかない。
それなのに?な
生きる能力不足。
そんな気がするんだ。
もうわからなくて。


頭も骨もやわい。
これならちゃんと終わるだろう。
死んでハッピーバースデー。
そう思える気がする。
時よ来い。
ずっと信じている。
ずっと。

わたしを知るのはわたしだけ。
あと少しらあと少しだからがんばろう。
なんの意味もない期間
辛いだけの不毛。
繰り返す
もう疲れた。
   メンテ
Re: 苦しまぎれの与太日記 ( No.12 )
日時: 2019/02/13 03:10
名前: ミツカ panda-world

死にたい
   メンテ

Page: 1 | 2 |

Like!! like
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 指 youtube動画の貼り方
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像
JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存